遺言イメージ

3種類ある普通方式の遺言の中から公正証書遺言を選んで作成しました

私は今年遺言書を作成しました。
その際に、3種類ある普通方式の遺言の中からどの方式を選ぶべきか迷ったのですが、結局、公正証書遺言の形式にしました。
3種類と言っても、もしかしたら知らない人がいるかもしれませんので、念のために説明すると、自筆証書、公正証書、秘密証書の3つの種類があります。
一般的には、書きたい人が自由にいつでも書くことができる自筆証書形式にする人が多いです。
方式さえ守っていれば、家においてある便箋などにいつでも書いておくことができますから、お金をかけずに簡単に作成することができます。
ですので、あまりお金をかけたくない人や、事情に応じて内容を書き換える可能性が高い人の場合には、自筆証書形式にしておいた方がよいのではないかと思います。
一方、秘密証書の形式というのは、あまり利用されるケースが多くないようです。
この形式の場合ですと、手続きを踏むことによって遺言書の存在自体を公証してもらえるようになりますが、文書の原本が公証役場で保管されたりするわけではありません。
自分以外の誰にも内容を知られる心配がないというメリットがあるとよく言われていますが、それがそんなに大きなメリットだとは、私には思えません。
秘密にしたいだけであれば、自筆証書形式で作成して隠しておけば良いだけなのではないかと思うからです。
いろいろ考えた末に、結局私は公正証書形式で作成することに決めました。
この方法を取っておけば、方式の不備で無効とされてしまう心配が全くありませんし、紛失や隠匿、改ざんなどの心配をする必要もありませんので、一番確実な方法だと思いました。
証人を2人立てる必要があるので面倒だとも言えますが、作成相談をしていた司法書士の先生と、そこの事務員の人に証人になってもらうことができたので、助かりました。
何らかの個人的なつながりのある人に証人を頼むと、我が家のプライベートな事情を知られてしまうことになりますので、あまり望ましくは思えません。
その点、司法書士の先生であれば、まさに公平な第三者ということができるので証人としては最適だと思います。
事前に必要な公証人との打ち合わせも司法書士の先生が行ってくれたので、私自身は当日に公証役場へ出頭するでけで済みました。
想像していたよりずっと簡単に手続きが終わりましたので、公正証書遺言にして良かったと感じています。

Copyright(C) 2011 yuigon.com All Rights Reserved.