遺言イメージ

公正証書で遺言を作るメリット

最近、遺言書を作る人が増えています。
わたしは遺言書の書き方について前職の経験から学んだことがあります。
遺言書には自筆証書、秘密証書、公正証書の3種類があります。
ここでは一般的な自筆証書と公正証書を比較したいと思います。
書店で見かけるキットは自筆証書にあたると言えます。
自筆証書はその名の通り自分の書式で作成するものです。
いくつかのルールを守りさえすれば法的にも有効になります。
何よりも費用がかからないのが一番のメリットです。
自筆証書がその法的効力を発生させるには家庭裁判所の検認が必要です。
この検認という手続きにおいてルールがちゃんと守られて書かれているかということをチェックしてもらうのです。
ところが自分ではルールに沿って作成していたつもりでも検認してもらうと思わぬ不備が見つかったりすることが稀にあります。
その場合は故人の遺志を尊重する遺産分割のための参考資料になってしまいます。
そうなると、せっかく書いたものがあっても全然違う遺産分割になったり、遺産分割の話し合いがまとまらず家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てたり、調停が不成立になれば遺産分割の審判を申し立てなければなりません。
このようなことを避けるためにも、きちんと専門家に相談をした方が良いと思います。
ただ専門家に相談すると、おそらく公正証書を薦められるでしょう。
費用はかかりますが確実かつ法的に有効な遺言をすることができるからです。
公正証書を作っておけば家庭裁判所の検認は必要ありません。
故人の遺志を最大限に尊重できるのです。
また、万が一なくしたり破棄してしまっても公証役場に原本が一定期間保管されていますので再発行してもらえます。
このようなことから、わたしの前職の職場では公証役場に行けない方のために場所を提供して公証人に出張してもらい、二人必要な証人も提供して手続きが円滑にできるようなお手伝いをしていました。
このような甲斐がありまして利用した方にはとても喜んでもらい、目立ったトラブルも特にないように思います。
ただ、自筆証書と公正証書どちらにしても遺産をまったくもらえない人にも遺留分の権利があることと(兄弟姉妹が相続人の場合は除きます。)細かく遺産を分けたい場合にはそこに記載されていない遺産をどうするか記載すること(後から把握していない財産が出てきたときのための記載です。 )に注意が必要です。
このことを少しでも多くの人に知ってもらい遺産相続のトラブルが減ることを願っています。

Copyright(C) 2011 yuigon.com All Rights Reserved.